沖縄での引っ越し先探し!

周りを海に囲まれ、昔から自然の恵みと共存してきた沖縄では本土の人間よりもより生活に自然の力を取り入れています。特に琉球風水と呼ばれる手法が身近な存在にあり、引越しや新築などの家作りの時には大変重要視されます。通常本土では、鬼門と呼ばれる方角は忌み嫌われており、玄関やお風呂、トイレなどがあると家庭に良くない邪気が溜まってしまうといわれていますが、琉球流では鬼門という概念が無く、自分の生まれ年によって運勢が良くなるという方角や建物の向きなどを考慮しながら住みよい住環境を作るのが特徴です。新築物件ならばこのようなことを考慮して建物を作ることが出来るので良いですが、引越しなどで既存のアパートやマンションなどを選ぶときは、まず建物の向きなどを考慮してから探すと良いでしょう。鑑定士などに依頼をする場合は、部屋の間取り図が必要になるため、予め入手してから鑑定を依頼すると確実でしょう。長い時間を過ごす家だからこそ、良い引越しをすることがその後の人生を大きく左右するといっても過言では無いでしょう。